読まれる記事の書き方

心を揺さぶり、製品が売れるアフィリエイト記事の書き方。

アフィリエイトで製品が売れるために必要な、記事の書き方をまとめました。

アフィリエイト記事を書くコツ

アフィリエイトのジャンル選びや製品選び、Webサイトの立ち上げが終わりましたでしょうか。

 

次は、記事をがっつり書いていきたいところです。しかしここで、大きな壁にぶち当たります。

俺文章書けねえし、どうしよう。

記事を書くことに苦手意識がある場合、非常に困りますよね。

 

でも、大丈夫です。

正直言って、私も文章力がないですが、ちょっとしたテクニックをいくつか知っているだけで、「アフィリエイト製品が売れる文章」を書くことが出来ます。

それらをご紹介していきたいと思います。

トノ君
製品をひたすらおすすめするのはどうだ?
タコ博士
悪くないけど、「売りたい気持ち」が前面に出すぎているとあまり良くないかな!

ターゲットを明確にする

あわせて読みたい

ペルソナの設定 アフィリエイトサイトを作るとき、ペルソナ(読者像)の設定は欠かせない作業です。 どんな人に製品・サービスを売りたいのか。   これを明確にすればするほど、稼げるアフィリエイトサイトにすることが出[…]

記事を書く時にもっとも大切なのは、誰に売るのか」「誰に読んで欲しいのか」をしっかり設定することです。

ただ闇雲に記事を書いていても、なかなか売れることはないでしょう。

ターゲットを明確にすることで、どんな情報を伝えれば良いかが見えてきます。

トノ君
誰に売りたいのか、良く考える必要があるということだな。
タコ博士
そうだね!

アフィリエイトで儲けるために、もっとも大切な要素かもしれないよ。

「共感」を得て、感情を刺激する

あわせて読みたい

ブログ・アフィリエイト記事のリード文 ブログ・アフィリエイト記事を書く上で、とても大事なのが、「リード文」です。 ブログ記事の導入部分のことですね。この記事で言えば、今まさにこの部分です。   リード文さえ書け[…]

「共感」を得て、読者の感情を刺激する文章を目指しましょう。

 

例えば、この記事でしたら、冒頭で「文章を書くことに苦手意識がある」という共感を起こすようにしています。

ここでグッと読書の心を掴むことが出来ます。

その後、「ちょっとしたテクニック」で記事が書けるようになる、と安心してもらい、続きを読んでもらえるようにしました。

 

人はものを買うとき、感情で動く」と言われています。検索から訪れたユーザーに答えを用意するだけでなく、感情を揺さぶる文章を目指しましょう。

共感を得てもらう書き方は、感情を揺さぶるためのもっともベーシックなやり方ですので、ぜひやってみてください。

トノ君
思いっきり共感したぞ。
タコ博士
わざとトノ君の心を揺さぶる文章にしたんだ。

簡単な文章でまとめる

売れるサイト、読まれるサイトにするためには、小学生でも理解できる文章にすることが必要です。

なぜなら、サイトを訪れるユーザーの中には、「文章読むのめんどくさいなあ。」って人が大半だからです。

 

専門用語を並べたり、複雑な言い回しをしたりすると、すぐに離脱されてしまいます。

アクセス解析をしていると痛感するのですが、もうここはほんとシビアで、速攻サヨナラです(笑)

 

また、多くの人はWebサイトを見るとき、いわゆる「流し読み」をすることがほとんどです。

一字一句しっかり読み込んでくれる人の方が珍しい。

流し読みを補助してあげるためにも、簡単な文章でまとめることが大切です。

トノ君
中学生じゃダメか?
タコ博士
中学生でも良いよ。

とにかく、文章の理解力が低い人に合わせてあげる必要があるよ。

まとめ

  • 記事を書くときはターゲットを明確にしよう
  • 「共感」を得て感情を動かす文章を目指そう
  • 小学生でも理解できる文章にしよう

以上、アフィリエイト記事を書く時に気をつけたいポイントでした。

takotonoを最後までお読みいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!

LATEST新着記事