記事タイトルの付け方

[記事タイトル]悪用厳禁なPV爆上げキャッチコピー3種類。

記事タイトルには、検索エンジンでユーザーを捕まえるための、「キャッチコピー」を入れておくことをおすすめします。

ユーザーの目を惹く工夫をすることで、クリック率が大幅に変化し、読まれるブログにすることが出来るからです。

効果的なキャッチコピー

記事タイトルは、ブログやアフィリエイトサイトにとって、めちゃくちゃ重要な要素です。

どれだけ記事の内容が素晴らしくても、タイトル次第で読まれるかどうか決まります。

ほぼ9割ぐらいタイトルに依存するといっても大げさではないでしょう。

 

そこで、より多くの人の目に留まるために、記事タイトルに効果的なキャッチコピーを入れることをおすすめします。

しかし一口に「キャッチコピー」と言っても、一体どんなコピーを入れたら良いのでしょうか。

 

そこで、私が別で運営している、月間40万規模のブログで、非常に訴求力が高いと感じているキャッチコピーをご紹介いたします。

どの記事も、年間で数万PVをもたらしてくれている、エース記事たちです。

不安を煽る系

間違いだらけの〇〇設定
やってはいけない禁止行為○選

非常に陳腐なタイトルですが、これは本当によく読まれますね。

私ももしかして間違っているかも?と、ユーザーの不安を煽ることで、記事を読んでもらうテクニックです。

 

ただし、タイトルで不安を煽った分、中身が伴っていないとがっかりされがちなタイトルでもあります。

しっかりとユーザーに納得してもらえるアンサーを用意しましょう。

トノ君
確かに、「間違いだらけのwordpress設定」とか言われたら気になるぞ。
タコ博士
ちゃんと内容もしっかり書こうね!

お悩み共感系

迷うなぁ~! Aなの?Bなの? 使い分け方法。
もう〇〇しないで済むたった一つの方法。

ユーザーの悩みに寄り添い、共感を得てクリックしてもらう手法です。

自分がちょうど悩んでいる内容だったら、これってもしかして私のこと?とハッとなる経験はしたことがありませんか?

すると人はクリックしたくなる生き物です。

 

タイトルでズバッと悩みにフォーカスを当てて、記事内で解決策を提示します。

ブログやサイトのテーマにおいて、悩んでいる人の数が多ければ多いほど効果的です。

 

皆がどんなことで悩んでいるだろうか。過去の自分はどんなことで悩んだだろうか。

というところをもう一度考えてみると、つけやすいと思います。

トノ君
「お悩み解決」がキモだな。
タコ博士
うん。 Yahoo知恵袋とかを参考にしても良いと思うよ!

インパクトのあるキーワード

〇〇は真実だった。
〇〇の決定的な弱点。

真実」、「決定的」、「要注意」などといったインパクトのあるキーワードを入れることで、「気になるぞ!」という好奇心を掻き立てられます。

優しいキーワードを入れた時と比べて、興味を持ってくれる人の数を増やして、クリック率をあげることが出来ます。

トノ君
「超絶」とか、「至高」みたいな感じか。
タコ博士
そうそう。パッと目を引くキーワードだよね。

まとめ

いずれも割と陳腐な表現だと思うかもしれませんが、非常に効果的です。

多用はおすすめしませんが、上手に入れ込むことでブログやサイトのPV(閲覧数)をグッと伸ばすことが可能です。

takotonoを最後までお読みいただきありがとうございました。

あわせて読みたい

アフィリエイト記事タイトルの文字数は、30文字程度 アフィリエイト記事のタイトルの文字数の指標は、30文字程度が最適と言われています。 理由としては、実際に検索された時に、表示されるタイトルの文字数がPCで30文字程度、スマート[…]

最新情報をチェックしよう!

LATEST新着記事