収益化テクニック

GoogleAdsenseのやり方。審査と稼ぐコツ解説。

GoogleAdsenseは、Webサイト上に広告を設置し、クリックされるだけで報酬が発生します。

かなり報酬を得やすいアフィリエイトと言えるでしょう。

始めかた、審査のコツなどをまとめました。

 

GoogleAdsenseとは

GoogleAdsenseとは、Googleが提供しているアフィリエイトプログラムです。

広告がクリックされるだけで報酬になり、初心者でもかなり稼ぎやすいアフィリエイトです。

支払いタイミングが月末締めの翌25日払いというスピーディさも魅力だったりします。

トノ君
クリックされるだけで報酬がもらえるのか。
タコ博士
うん。初心者でもマネタイズしやすいアフィリエイトプログラムと言えるね。

単価は平均して30円程度

クリックされるだけで報酬が発生するという気軽さはありますが、1クリックあたりの報酬は、平均して30円ほどと高くありません。

でも、仮に一日50回クリックしてもらえれば、1日1500円、ひと月で4万〜5万円と、チリツモでそこそこの金額になっていきます。

トノ君
1クリック30円か。うまい棒が3本買えるな。
タコ博士
2クリックでガリガリ君が買えるよ。

GoogleAdsenseのルール

広告数について

以前は、広告数について1ページについて3個までというルールがありましたが、現在では1ページにおける表示数は制限がありません。

非常に自由度が高く、最適な広告数を模索することが可能となりました。

広告の貼り付け位置について

また、広告の貼り付け位置も、自由です。

ただ、あまりに自由度が高すぎて、かえって悩ましいですね。

様々な場所を試して、もっとも収益が高くなる位置を探していく必要があります。

トノ君
どこに何個貼っても良いんだな。じゃあとにかく沢山貼っとくわ。
タコ博士
あまりにも広告だらけのサイトは敬遠されるから、適切に貼っていく必要があるよ。

GoogleAdsenseで儲ける

GoogleAdsenseの売り上げは、以下の計算式の結果となります。

閲覧数(PV)×クリック率×クリック単価=GoogleAdsenseの売り上げ

GoogleAdsenseの収益を増やしたければ、この式のいずれかの数値を上げる必要があります。

広告主の儲けを最大化する

GoogleAdsenseで儲けるための心がけとして、「広告主の儲けを最大化する」という考え方が大切です。

当然のことながら、広告主はAdsense広告から自社のWebサイトにアクセスしてもらった時に、じっくり製品ページを見てもらったり、製品を購入してもらったりと、なんらかのアクションを起こしてもらいたいですよね。

それを念頭に置いて、運用していく必要があります。

トノ君
クリックされただけで儲かるシンプルな広告、だと思ってたぞ。
タコ博士
広告の目的は何か、という本質的なところを考えてみよう。

誤クリック誘導はNG

GoogleAdsenseの広告配置でやりがちな間違いとして、誤クリックを誘導するような配置にする、ということが挙げられます。

 

当然のことながら、誤クリックで広告主のWebサイトに訪問した人は、速攻で元のページに戻ろうとしますよね。

つまり、広告主にとって全然プラスじゃない。

 

これは私も長年間違えた認識で運用していました。

とにかくクリック数を増やすために、ファーストビュー(ページに訪れた際に、最初に表示される部分)にAdsense広告を詰め込んだりしていました。

 

しかしそれでは、一向に広告主が儲かることがなく、クリック単価が上がらないのです。

トノ君
ボタンのすぐ近くに広告を配置して、誤クリックを誘導するいやらしいサイトはよく見るな。
タコ博士
そんなイケてない方法は、もう通用しないということだね。

PVを増やすのが王道

adsenseである程度まとまった収益を得る方法として、もっとも初心者にも取り組みやすいのは、やはりPV(ページビュー)を増やす事です。

他にも、広告の配置を変えてクリック率を上げたり、クリック単価を最大化するテクニックもありますが、まずはPV(ページビュー)を増やすためにはどうすれば良いのか、考えていくと良いでしょう。

トノ君
PVを増やすために、新製品の記事を書いたぞ。
タコ博士
PVを増やすための王道な手法だね。その調子。

GoogleAdsenseの審査のコツ

比較的報酬を得やすいアフィリエイトである、GoogleAdsense。

しかし、サイトの「審査」が少し難関です。

 

Adsenseの審査を難しくしている大きな理由の一つとして、審査がNGだった時の理由が、とても曖昧で分かりにくいのです。

いろんなGoogleAdsenseの審査のコツがネット上に溢れていますが、私が思う最短ルートは、以下のような感じです。

  • 独自ドメインで作成したWebサイトで実施する
  • 日記ではなく、有益性のある記事を10〜20記事程度用意する。
  • 他社のアフィリエイト広告の掲載は、審査中は避けておく。
  • 必要なページ(プライバシーポリシー、お問い合わせ)を用意する

そんなところですね。

 

数回試行錯誤すれば、合格出来ると思いますので、根気よく申請しましょう。私も何度か落ちました(笑

一発合格する方が珍しく、皆通る道だと思います。

まとめ

  • GoogleAdsenseは、クリック報酬型のアフィリエイトプログラムである。
  • 広告がクリックされるだけで報酬が発生する
  • 広告主の利益を最大化することを心がけて設置する
  • 誤クリック誘導は間違った攻略方法

以上、GoogleAdsenseについてでした。

takotonoを最後までお読みいただきありがとうございました。

あわせて読みたい

Amazonアフィリエイト(Amazonアソシエイツ)について Amazonのアフィリエイトプログラム、Amazonアフィリエイトについて解説していきたいと思います。 Amazonアフィリエイトは、Amazonで販売している製品を紹[…]

最新情報をチェックしよう!

LATEST新着記事