解析ツール

Googleキーワードプランナー入門&使い方。検索ボリュームを調べてみよう。

Googleキーワードプランナーとは

Googleキーワードプランナーは、Googleが提供している、「Google広告(旧Googleアドワーズ)」と呼ばれるツールの一部として提供されています。

 

本来、Googleに広告を出稿する際に、キーワードの検索ボリュームなどを調査するためのツールになります。

しかしアフィリエイターにとっても検索ボリュームの調査は必要になってくるため、広告出稿をしない方にも、よく使用されているツールとなります。

 

そのため、キーワードの検索ボリュームを調べたいだけでも、広告の出稿の設定をしなくてはいけません。

当記事では、初めてGoogleキーワードプランナーを使う方に向けて、キーワードの検索ボリュームを調べられるようになるまでの、設定方法をまとめました。

検索ボリュームはざっくりとした数値が分かる

以前は、Googleキーワードプランナーは無料で提供されていたツールで、検索ボリュームについて非常に細かい数値が分かるようになっていました。

しかし、2016年ごろに仕様変更され、広告出稿をしていない場合には、検索ボリュームの表示が、ざっくりとした数値しか表示されなくなってしまいました。

例えば、「100~1000」や、「1万~10万」などといった表記です。

機能制限がかかったという感じで、無料だと低機能、有料だと高機能ということですね。

トノ君
仕様変更というか、改悪だな…
タコ博士

言ってしまえばそうだね。当時は、とても残念なニュースに感じたよ。

まあツールの有益性を考えたら、今まで無料だったのが不思議なぐらい、ではあるんだけどね。

広告出稿をしてみることをお勧めします

正直言って、例えば、検索ボリュームが「1万~10万」だと開きがありすぎて、あまり参考にならないというのが本音です。

ですので、最終的には1日100円といった少額で良いので、広告出稿をしてみて、正確な検索ボリュームが表示されるように設定してから使用するのがベターです。

ちなみに、いくら広告費をかければ検索ボリュームが正確に表示されるのか、というのはGoogleから正式なアナウンスは無いようです。

トノ君
1万~10万…2万かもしれないし、9万かもしれないって事だもんな。
タコ博士
ちょっと無視出来ないぐらい、開きがあるよね。

とりあえず出稿なしでの設定方法

しかし、当記事はあくまでGoogleキーワードプランナー入門、ということにしましたので、まずは無料での使用で、ざっくりとした検索ボリュームを調査してみるところまで設定する方法をご紹介します。

キーワードプランナーにログインする

まずはGoogleキーワードプランナーのトップページにログインしましょう。

Googleキーワードプランナーは、先述したように、本来は広告を出すためのツールですので、Googleアカウントの他にGoogle広告の登録が必要となります。

(Googleアカウントの登録方法は、今時未登録という方の方が少ないと思いますので、すでにお持ちという前提で省略いたします。)

 

右上のログインボタンをクリックしてください。

キーワードの検索ボリュームを調べてみよう

キーワードプランナーにログインすると、最初の画面の左側に表示されている、「新しいキーワードを見つける」クリックしてください。

「ビジネスに密接に関連している商品やサービスを入力します」と表示されている欄に、お好きなキーワードを入力してください。

検索上位表示させたいと思っているキーワードや、自分が扱っている製品やサービス名、などが良いでしょう。

一例として、「SEO対策」としました。

入力したら、下の「結果を表示」ボタンをクリックしてください。

すると、「SEO対策」というキーワードの検索ボリュームと、関連するキーワードの一覧が表示されました。

 

関連するキーワード」とは何か、というと、Googleからの提案、だと思ってください。

私が検索上位を狙っているキーワードである、「SEO対策」というキーワードの他に、検索ユーザーはこんなキーワードを使って検索していますよ!

とキーワードプランナーが実際の検索データをもとに、類似したキーワードを提案してくれます。

トノ君
ほお。つまり、キーワード選定の手助けをしてくれるツールとして活用できるということか。
タコ博士

その通りだよ。自分で考えるキーワードだけでは限界があるからね。

実際にGoogleが検索されたキーワードを元に表示している訳だから、ある意味「宝の山」という感じだね。

あわせて読みたい

アフィリエイトのキーワード選定とは アフィリエイトのキーワード選定とは、読者がどんなキーワードで検索するのか、を考える作業です。   検索エンジンで検索する人は、自分が知りたい事をキーワードとして入力しますよ[…]

 

 

月間平均検索ボリューム」という欄が、検索ボリュームですね。

先述したように、広告を出稿していない場合ですと、「1万〜10万」、「1000〜1万」などと言った非常に曖昧な数値で表示されていることがわかります。

 

競合性」、というのはライバルがどのぐらいひしめき合っているか、を表す度合いで、「」がやばいヤツがいっぱいいるキーワード、という事になります。

また、「入札単価」が高ければライバルが強い傾向にあるので、キーワード選びの参考にしましょう。

まとめ

  • キーワードプランナーは無料で使える
  • ただし、検索ボリュームの数値がざっくりとした数値になるなど、機能制限がある
  • キーワードプランナーは、キーワード選定に役に立つツールである

以上、Googleキーワードプランナーの使い方についてでした。

takotonoを最後までお読みいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!

LATEST新着記事