収益化テクニック

【見出し】から考えるアフィリエイト記事の書き方。

ブログ・アフィリエイト記事で非常に大切な要素である、「見出し」。

見出しを先に考えると、記事をスムーズに書いていくことが可能となります。

アフィリエイト記事は【見出し】から考えよう

ブログ・アフィリエイト記事の書き方は、きっと十人十色ですよね。

自分が一番やりやすい方法がベストです。

 

ですが、私が記事を書く際に、非常にスムーズになったと実感できたのが、真っ先に見出しを考えることです。

まずはアウトラインから決めて、内容を整理することでスムーズに記事を執筆できます。

 

記事を書いているうちに脱線してしまうことも無くなって、その記事で伝えたい内容がブレないのも良いところです。

トノ君
見出しさえ決まれば、見出しに沿って記事を書けば良いな。
タコ博士
書きやすいよね。

大見出しは【H2タグ】を使う

一般的に、ワードプレスブログで見出しを挿入する場合、もっとも大きな見出しは【H2タグ】を使うことが推奨されています。

WordPressのテキストエディタの上部に、「段落」という項目があるので、そちらから「見出し2」を選択してください。

 

【H1タグ】は記事ページにおいては、記事タイトルに使われています。また、【H1タグ】というのは1ページに1つ、という暗黙の決まりがあります。

ですので、【H2タグ】を使って、3つ〜4つ考えるようにしましょう。

トノ君
なんで大見出しなのに、H2なんだ?って思ってたけどそういう事か。
タコ博士
H1は記事のタイトルに割り当てられているんだね。

3つ〜4つぐらい考える

まずは大見出しを3つから4つ決めていきます。

特に決まりはありませんが、私はそうしています。

小見出しの使いどころ

小見出しは、【h3タグ】でつけていきます。

小見出しは大見出しに対して複数付けれる場合のみ入れるようにしています。

大見出し1個、小見出し1個だと小見出しを入れる意味がないですよね?

かえってわかりにくくなってしまいます。

見出しにキーワードを入れる

あわせて読みたい

月間40万PVを誇る趣味系Webサイトを運営しています 筆者は当サイトとは別に、月間40万PVを誇る趣味系Webサイトを4年運用してきました。   そのサイトで毎日狂ったようにWebサイトのアクセス解析を実施[…]

見出しは、タイトルに次いでSEO効果が高い場所になります。

検索されるキーワードを想定し、漏らさないようにキーワードを入れてください。

さらに、上に有る見出しのキーワードほど、重視されます。

トノ君
検索されるキーワードを入れると良いんだったよな?
タコ博士

その通りだよ。

狙ったキーワードを、タイトルと見出しにしっかり入れておこう。

SEOに強い見出しにしよう

また、見出しは検索エンジン(google)に、どんな記事の内容なのか伝える役割があります。

タイトルも超重要ですが、見出しも、特に最初の3つぐらいは超大事です。

繰り返しになりますが、適当に決めずに、検索キーワードをしっかりと入れるようにしましょう。

階層を守る

必ず、見出しタグの階層は守りましょう。

 

【H2タグ】の下は、【H3タグ】、その下は【H4タグ】とします。

見出しタグの順番をしっかりと守る事で、記事の階層がきちんと整理されているということを、検索エンジンに示す効果が有ります。

 

というのも、Googleは「クローラー」と呼ばれるロボットで、Webサイトを巡回しています。

そのクローラーが、見出しタグを辿って記事の内容を理解するため、ちゃんとした階層を守ってあげないと、クローラーが迷子になってしまいます。

すると、SEOとしてはマイナスの効果が作用してしまいます。

トノ君
Googleのロボットに配慮してあげるのか。
タコ博士
クローラー(ロボット)にとって理解しやすい構造でブログを作ってあげる必要があるんだ。

【H2タグ】と【H3タグ】しか使わない

と言っても、多くのワードプレスブロガーがそうだと思うのですが、基本的にはh3タグまでしか使いません

あまり階層を深くしても分かりにくくなるだけだからです。

簡潔かつ、内容が伝わる

出来るだけ簡潔にすることが大事です。それでいて、内容が有る程度伝わる見出しがベスト。

あくまで【見出し】なので、あまりに長いと美しくないですし、記事の読みやすさも落ちてしまいます。

まとめ

以上、ブログ・アフィリエイト記事における見出しの付け方についてでした。

  • 大見出しは【H2】タグを使う
  • SEOへの影響がタイトルに次いで大きい
  • しっかりと検索キーワードを入れる
  • Googleのクローラーは見出しタグを辿って記事の内容を理解する
  • H4タグ以下は使わない
  • 階層を守る
  • 簡潔にする

takotonoを最後までお読みいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!

LATEST新着記事