記事の作り方

【収益化記事】の書き方。レビュー・インプレ・体験談がおすすめ。

ブログやサイトアフィリエイトにおいて、ただ書きたい記事を書くだけでは、なかなか儲かるサイトに成長しません。

そこで収益に繋がる「収益化記事」を書いていく必要があります。

収益化記事とは

ブログ・サイトアフィリエイトにおける「収益化記事」とは、その記事からアフィリエイトのコンバージョン(成約)に直接つなげていくための記事になります。

もっともベーシックなやり方は、売りたい製品を直接紹介するページです。

また、ノウハウを書いた記事に関連する製品リンクを貼ったりしても良いでしょう。

トノ君
アフィリエイトの商品リンクを貼り付けておけば良いんだな?
タコ博士
そうだね。ただし闇雲に貼り付けるだけじゃダメだよ。

収益化記事のタイトル

収益化記事のタイトルは、購買意欲の高いユーザーがよく検索する収益化キーワードを狙い撃ちします。

「その製品を買う直前の人」が検索しそうなキーワードのことです。

記事を読んでくれるユーザーは、もう買う気マンマンな訳で、コンバージョンの確率を大幅に高めてくれます。

代表的な収益化キーワード

○○口コミ

○○インプレ(インプレッション)

○○レビュー

○○体験談

○○欠点

○○ランキング

○○比較

○○おすすめ

何か製品を購入する際、後悔したくないので、他人が購入した製品レビューを読みますよね。

私もめっちゃ読みます(笑)

 

その検索需要に先回りしてアンサーを用意してあげるのです。

 

大事なのは、購入する人が持つであろう不安を予測し、記事内で取り除いてあげることです。

また、その製品で得られるベネフィット(便益)を余すことなく紹介することもポイントです。

 

それらの製品説明を読んで、読者が納得してくれた場合、直接あなたの記事からコンバージョンしてくれる確率が高まるのです。

逆に言うと、少しでも不安が残っているユーザーは購買に繋がりにくい、とも言えます。

商標 + レビュー・インプレッション・体験談は書きやすい

収益化キーワードで私がよく書いていて、特におすすめなのが「商標 +レビュー・インプレッション・体験談」といったキーワードです。

記事タイトルを「製品名 レビュー」などにして、購買意欲の高いユーザーを狙います。

 

このキーワードの良いところは、まずは記事が書きやすいというところ。自分がその製品に対して思ったことを書けば良いからです。

そして、そこそこ検索需要が多いと言う点。

 

さらに、ライバル記事を研究しやすいというところです。

当然、代表的な収益化キーワードになりますから、ライバルも似たようなタイトルをつけてきます。

 

実際にそのキーワードで検索し、ライバル記事にない独自の視点や、さらに詳しい解説を記載していけば、より上位表示を狙うことが可能です。

 

あわせて読みたい

ブログやアフィリエイトを運営する上で、避けては通れない作業が、記事のリライトです。 リライトする時に気をつけるべき事をまとめました。 記事リライトの目的 まず、そもそもブロガーやアフィリエイターがなぜ記事をリライトしなくち[…]

上位表示のための記事のリライト手順はこちらの記事で詳しくまとめています。

トノ君
まずは記事を公開してみて、後から追記して行けば良いのか。
タコ博士

その通り。

読者の反応や、実際の検索順位を見て調整していく感じだね!

収益化キーワードは競合が強い

ただし、収益化キーワードは、検索需要が多く、強力なライバルが多数ひしめき合っています。

上位表示をするのは簡単ではありません。

最初から狙っていっても思うように収益を得ることは難しいでしょう。

 

あわせて読みたい

初心者アフィリエイターが月5万円稼ぐためには、ロングテールキーワードで狙うのが効果的です。 ロングテールとは アフィリエイトを勉強していると、「ロングテール」という言葉を耳にすることがあると思います。 検索需要の少ない、ニ[…]

検索需要の多い収益化キーワードで上位表示させたい場合、ロングテール戦略でサイトのドメイン力を高めて行く必要があります。

ミドルキーワード、スモールキーワードと呼ばれるニッチなキーワードで読者を獲得し、サイトを育てて行きましょう。

 

takotonoアフィリエイト

SEOに強いブログに育てるためには、被リンクがとても大切な要素となります。 多くの被リンクを得るために大切な考え方をまと…

また、多くの被リンクを得ることも、検索上位表示を実現するために大切な要素です。

トノ君
ロングテールと被リンク…頭が混乱してきたぞ。
タコ博士
いずれもブログアフィリエイトに置いて、とても大切な要素だから、それぞれの記事で内容を確認しよう!

全て収益化記事である必要はない

全ての記事を収益化記事にする必要はありません

売りたい!という気持ちが前面に出すぎてしまって、なんだか胡散臭いサイトになってしまい、上手くいかないはずです。

私は、収益化記事は多くても3割ぐらいにするようにしています。

モノやサービスを自分のサイトで売ろうと思った時に、読者の信用を得ることも非常に大切な要素であるからです。

トノ君
確かに、全部の記事がゴリゴリのセールスだとちょっと気がひけるな。
タコ博士
収益化記事と集客用記事のバランスが大切だよ!

積極的に収益化しよう

この記事をお読みになっているということは、ある程度収益を狙ったアフィリエイトサイトを構築していると思います。

「私ごときがモノを売って良いんだろうか。」

「あまりゴリゴリにセールスするのはちょっと気がひけるな..」

なんて感情は一切捨て去り、積極的に収益化していきましょう。

 

得られた収益で、また新しい製品やサービスを自分で試すことができて、さらに読者に紹介出来るようになっていきます。

そうなっていけば、どんどん良い循環が生まれてくるはずです。

トノ君
ブログで儲けて新しいブログネタを仕入れられるのは最高だな。
タコ博士
しっかりと積み上げることで、可能になってくるよ。

まとめ

以上、収益化記事についてでした。

  • 儲かるサイトにするために、収益化記事は絶対に必要
  • おすすめは、「商標+インプレ レビュー 体験談」
  • 収益化しやすいキーワードは競合が強い。
  • ロングテールの考え方でサイトを強くする
  • 全て収益化記事である必要はない
  • 収益化記事以外の記事も書いて、読者の信頼を得よう
  • 積極的に収益化しよう

takotonoを最後までお読みいただきありがとうございました。

あわせて読みたい

集客用記事とは アフィリエイトサイトには、「収益化記事」と「集客用記事」の2種類があります。   「集客用記事」とは、細かい検索キーワードを拾って記事を書き、サイトに読者を集めるための記事になります。 比較的上[…]

最新情報をチェックしよう!

LATEST新着記事