読まれる記事の書き方

アフィリエイトやブログ記事のペルソナ(読者像)設定方法。

ペルソナの設定

アフィリエイトサイトを作るとき、ペルソナ(読者像)の設定は欠かせない作業です。

どんな人に製品・サービスを売りたいのか。

 

これを明確にすればするほど、稼げるアフィリエイトサイトにすることが出来ます。

しっかりとペルソナが設定されたブログ記事は、たどり着いたユーザーに「自分のための記事だ!」と感じてもらえるからです。

 

とは言っても、一体どれぐらい細く設定したら良いのか、いまいちよく分からないですよね。

具体例をあげて、説明していきたいと思います。

トノ君
ペルソナ…??
タコ博士

聞きなれない言葉だよね。

ブログや記事のターゲットを設定しよう!ってことだね。

例)レンタルサーバーを扱うアフィリエイトサイト

例として、レンタルサーバーを扱うアフィリエイトサイトを構築するとします。

レンタルサーバーを借りるユーザーを、ペルソナ設定していきます。

だめなペルソナ例

レンタルサーバーに興味がある20代男性

…こんな適当すぎるペルソナ設定では、だめです。

当然ながら、レンタルサーバーに興味がある人、にもいろんな人がいますよね。

  • アフィリエイトサイトを作りたい人。
  • 会社のHPを作りたい人。
  • すでにレンタルサーバーを借りているが、表示速度が遅くて他社のレンタルサーバーに乗り換えたい人。
  • レンタルサーバーの料金比較をしたい人

 

つまり、先ほどのペルソナ設定では、レンタルサーバーにどう関わる人なのか何が知りたい人なのか、というところが全く見えていません。

もっと具体的に誰に売りたいのか、絞る必要があります。

良いペルソナ例

20代後半〜30代前半ぐらいまでの男性会社員。

中小企業に勤めており、給料がなかなか上がらずに将来が不安である。

結婚もしたいし、子供も欲しいが、今の給料では正直やっていけない。

そこで、サラリーマンでも手軽に出来る副業を色々と調べてみたところ、アフィリエイトというビジネスを知る。

ブログを立ち上げるために、レンタルサーバーとドメインを借りる必要があると知り、どこのサーバーが良いのか検討しているところ。

アフィリエイトの知識はまだほとんどなく、初心者レベルである。

…どうでしょうか。悪い例と比べると、より明確に読者像が設定出来ているように思います。

あとは、この人がレンタルサーバーを選ぶ際に、悩みそうなこと、調べそうなことを予想し、記事を用意してあげるのです。

トノ君
じゃあ俺は「50代主婦」を狙うか。
タコ博士
誰を狙うかによって、記事でどこまで説明するかが見えてくるよね。

ブログ全体と記事ごとのペルソナ設定

ブログ全体のペルソナ設定と、記事ごとのペルソナ設定の2段構えでペルソナ設定をする必要があります。

ブログ全体のペルソナ設定

20代後半〜30代前半ぐらいまでの〜

上述したこのペルソナ設定は、ブログ全体のペルソナ設定です。ここで大まかな読者像を絞ります。

記事ごとのペルソナ設定

それから、記事ごとのペルソナ設定を考えます。

  • さくらサーバーとエックスサーバーで迷っている
  • さくらサーバーは503エラーが頻繁に起こると聞いたが、本当なのか。
  • エックスサーバーのプランはX10で良いのか

こんな感じで、記事ごとのペルソナ設定で、より具体的なターゲットを絞りましょう。

トノ君
ブログ全体と個別記事、両方設定するのか。
タコ博士
大変だけど、常に「読み手目線」を意識することが大切だよ。

どうしても難しい場合、過去の自分をターゲットにするのがおすすめ

どうにも想像力が足りずに、上手なペルソナ設定が出来ない…

なんてこともあるかもしれません。

 

そんな場合は、過去の自分や、身近な友人をペルソナにすると、非常に簡単に設定することが出来ます。

  • どんなことで悩んでいたか。
  • どんな回答を求めているか。

そこに思いを巡らせて、ペルソナ設定しましょう。

実際に自分が悩んだことを元にするので、完全な想像でペルソナ設定をするよりも、難易度が低いはずです。

トノ君
確かに、自分が悩んだことなら書きやすいぞ。
タコ博士
スラスラ書けるよね!

トノ君が悩んだことは、きっと他の誰かも悩むはずだよ。

まとめ

  • ペルソナ設定は具体的に、細かく設定した方が良い
  • 誰のための記事なのか考える必要がある
  • 難しければ過去の自分の悩みをペルソナに設定する

以上、ペルソナの設定方法についてでした。

しっかりとペルソナ設定が出来ていれば、共感してもらえる、売れる記事が書けるようになるはずです。

takotonoを最後までお読みいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!

LATEST新着記事