レンタルサーバー

[実測]さくらサーバーは遅いから引っ越すと幸せになるよ。って話。

さくらサーバーは遅い?

この記事では、「さくらサーバーの応答スピードは遅い?他のレンタルサーバーにした方が良い?」という疑問にお答えします。

結論から言って、「やはりさくらサーバーは遅い。」というのが結論です。

私はさくらサーバー、エックスサーバー、mixhostを実際に契約してメディア運営してるので、実際に比較してみました。

ページスピードインサイトで確認

googleが提供しているWebツール、PageSpeed Insightsでサイトの応答速度を計測することができます。

実際に、私がさくらサーバーで運営しているメディアの応答速度を実測してみましょう。

「0~100」のスコアでページ表示速度が速いのか?遅いのか?判定を行ないます。結果としては、19という低スコアを叩き出してしまいました。

ウェブに関する主な指標の評価:不合格と表示されています。

PageSpeed Insightsには様々な指標値がありますが、ここでは代表的なFCPをチェックしてみます。

FCP(First Contentful Paint)…ユーザーがURLをクリックしてから、サイトを表示させるための要素をレンダリングするまでの時間。

FCPは秒数で表し、速度の分類は、0~1 秒未満の場合は「高速」、1以上~2.5 秒の場合は「平均」、2.5 秒以上の場合は「低速」です。

参考までに、Xサーバーで運営しているWebサイトのFCPは、1.7秒でした。さらに、mixhostで運営してるWebサイトのFPCは2.9秒です。

結論:めちゃくちゃ遅い

計測したところ、さくらサーバーはめちゃくちゃ遅いですね。

長く運営しているWebサイトなので、サーバーの能力だけの問題ではないのですが、他サーバーで長く運営しているメディアと比べても遅い印象があります。

PageSpeed Insightsでのレポートでも遅いですが、体感としてもかなりモッサリした印象です。

これではせっかくアクセスがあっても、ページを開く前に直帰されてしまいます。

2017年と2018年のGoogleの調査によると、ページ表示速度が1秒から3秒になると直帰率が32%増加、6秒になると106%増加、10秒まで遅くなると123%増加すると報告されています。 また、表示に3秒以上かかるモバイルページからは53%のユーザーが離脱しています

かなりの機会損失と言えますね。

プラグイン等で改善する?

公式がブログ記事を書いていて、プラグイン等を見直すことである程度改善するという内容です。素直に従えば多少改善の見込みはあります。実際に数値も向上しました。

でも、引っ越しした方が話が早いです。

さくらサーバーの他の問題

さくらサーバーは応答速度が遅いだけでなく、アクセスが集中するとページが表示されなくなるという弱点があります。具体的にはリアルタイムアクセスが300ぐらいになると、503エラーが頻発してしまいます。

これは本当に何度も悩まされました。

一応、コントロールパネルからONにできる「コンテンツブースト」(旧:リソースブースト)という機能があるので、アクセスが集中したタイミングでそちらをONにするのですが、ほとんど効果なし。

ユーザーの関心を惹くホットな記事を書いて、ゴリゴリにアクセスUPを狙ってもサーバーの処理能力に邪魔をされてしまう。そんな憂き目にあうのは私だけで十分です。

マジでこれも機会損失がものすごいことになるので、注意が必要です。

さくらサーバーのメリット

一応、さくらサーバーの名誉のためにメリットもお伝えしておきます。メールでのサポートはかなり丁寧で、的確で素早い対応をしてもらえます。

それから月額料金の安さ(524 円(消費税含))ですね。あれこれ文句を言いましたが、月額料金が安いから文句は言えないのかもしれません。

でも、数百円ケチって不便な思いはしたくない!というのであればXサーバー、mixhostを強くオススメしておきます。

引っ越し代行+エックスサーバーで解決

サーバーの引っ越しは面倒な作業が多く、時間もかかるため、自分でやるべき作業かどうかの見極めが必要です。

データ消失やエラー対応が不安だったり、移転する時間が取れない場合は「サイトの引越し屋さん」に依頼する方法もあります。

面倒な作業は丸投げして、その時間をブログ執筆に充てることができます。

 

さくらサーバーからの引っ越し先は、ブロガー、アフィリエイターからの人気が高いXServer(エックスサーバー)がオススメです。

運営歴が長く信頼性がありますし、応答速度はピカイチで、一度に大量のアクセスがあっても耐えてくれます。

さくらサーバーでは503エラーに何度も遭遇していますが、エックスサーバーでは一度も経験していません。よほど多数のアクセスが集中しない限り、つまり一般的な個人ブログであれば、エックスサーバーがリソース不足になることはほぼないと言えます。

エックスサーバー公式ページへ

オススメレンタルサーバーをご紹介

関連記事

ワードプレスブログでブログを始めたいから、おすすめのレンタルサーバーを教えて欲しい! そんな方に向けて、オススメのレンタルサーバーをご紹介します。 あまりたくさん掲載しても選びきれないと思いますので、間違いないサーバーを[…]

IMG

当サイトでは、wordpressブログにオススメのレンタルサーバーをご紹介しています。

私は個人・法人メディアを複数運営しており、Web制作会社で業務経験もあるのでお客さんのレンタルサーバー運用をお手伝いしたこともあり、さまざまなレンタルサーバーサービスを利用してきました。

そんな経験を生かして、wordpressブログに最適なレンタルサーバーをご紹介していますので、何かしらの参考になれば幸いです。

最新情報をチェックしよう!

LATEST新着記事