SEO基礎

SEO対策とは。検索順位1位を取るための記事の組み立て方。

月間40万PVを誇る趣味系Webサイトを運営しています

筆者は当サイトとは別に、月間40万PVを誇る趣味系Webサイトを4年運用してきました。

 

そのサイトで毎日狂ったようにWebサイトのアクセス解析を実施してきました。

そして、いかにアクセスを増やすかを頭から煙が出るぐらい考え抜きました。

 

自分でいうのもあれですが、ニッチな趣味ジャンルにおいて、一個人が運営するWebサイトでの40万PVのアクセスは、そこそこのレベルだと思います。

1つの記事を複数のページにする、いわゆる「ページ分割」も全く無しでの実績です。

企業が運営しているWebサイトでよく見られる手法ですね。見かけ上の数値を水増しするために実施していると思われます。

1mmもユーザーのためにならない仕様なので、私は絶対にやりません。

 

いわゆるビッグキーワードでの検索上位もかなり実現し、多くのサイト運営ノウハウが溜まりましたので、その知見を余すことなくまとめていきたいと思います。

ビッグキーワードとは、検索需要が多く、ライバルも多い激戦区のキーワードのことです。ビッグキーワードで上位表示するためには、強いブログを育てていく必要があります。

 

GoogleAnalyticsのスクリーンショットを一応貼っておきます。まあ期間指定を長くすればいくらでも捏造できる数値なので、あまり意味はないです笑 しかし、嘘をつくならもっと盛るだろう、と言うことで、リアルな数値だと思っていただければ幸いです。)

トノ君
ヨンジュウマンページビュー…40万回ページが見られたってことか?
タコ博士
そうだね!アクセス解析を丁寧に実施することで、可能になってくるよ!

SEO(検索エンジン最適化)とは。

まずはざっくり、SEOについて解説してみます。

一言でいえば、googleやyahooといった検索エンジンで、自分のサイトが検索順位の上位に表示されるようにすることSEO(サーチエンジン最適化)と呼びます。

上位表示されるほど、たくさんのアクセスを得ることが出来ます。

検索順位で、大幅にアクセス数が変わる

検索エンジンの特徴として、検索順位が1つ違うだけで、大幅にクリック率が違うことが挙げられます。

例として、1位と2位では2〜3倍程度クリック率が変わってきます。また、2ページ目以降はほとんど見られません。

 

つまり、ちょっとした検索順位の違いによって、ブログを読んでくれるお客さんの数が劇的に変わるのです。

だから、ブロガーはSEO対策に必死になるし、上位表示できるブログは、アクセスをたくさん集められるブログとなります。

トノ君
確かに、検索結果の上に表示されているサイトを最初に見るな。
タコ博士
だよね。だから、みんな検索上位表示を目指しているんだ。

「検索エンジン最適化」≒「google検索に対する最適化」

google:6割

yahoo:3割

その他:1割

yahooもgoogleの検索エンジンを利用しているため、「検索エンジン最適化」≒「google検索に対する最適化」と考えることが出来ます。

googleに「この記事(Webサイト)は有益だ!」と判断してもらって、上位表示をしてもらうための対策が、SEO対策です。

トノ君
有益なWebサイトってなんだ?
タコ博士
検索ユーザーに「答え」を用意しているWebサイトが「有益なWebサイト」と言えるね!

ユーザーファースト

じゃあ、googleがどうやって「この記事は有益だ!」と判断しているのか、を紐解いていきましょう。

近年の主流は、もっぱら「ユーザーファースト」と呼ばれる考え方がメインとなっています。

 

ユーザーファーストとは、検索で訪れてくれたユーザー(読者)に対して、満足のいくコンテンツ(文章や、画像)が掲載されているかどうか、ということです。

 

ブログの読者は、何か疑問があってGoogleの検索を利用します。

検索する内容について、すぐ隣に詳しい人がいれば、その人に聞くでしょう。

つまり、聞く人が居ないから仕方なく検索しているのです。

 

そんな読者に対して、欲しい情報をサッと提供してくれるブログ記事が上位表示されていれば、Googleも、読者も、ブロガーもハッピーになれますよね。

つまり、検索ユーザーに対して的確な「答え」を用意しているブログ、が有益と判断されます。

 

トノ君
確かに、検索して上位にわかりやすいサイトが表示されたら嬉しいな。
タコ博士
サッと答えだけ知りたいときは多いよね。

 

もちろん、SEOはコンテンツの良し悪しだけでなく、他の要素も関係してきます。

さらに深く理解するためには、まずはブラックハットホワイトハットと呼ばれる用語を知る必要があります。

ブラックハットとホワイトハット

SEO対策は、ひと昔前まで、「ブラックハット」「ホワイトハット」と呼ばれる、2種類の手法がありました。

ブラックハットSEO

ブラックハットとは、いわば「小手先のSEO対策」です。

 

例えば、自演リンク

あるサイトがSEOに強くなるためには、「被リンク」が重要です。

被リンクとは、サイトの記事URLを、他のサイトに紹介してもらうことです。

 

それを逆手にとって、自分でサブサイトをたくさん立ち上げ、お互い被リンクし合って、サイトのSEOを高める手法が存在します。これを「自演リンク」と呼びます。

 

他にも、キーワードの詰め込み

これはもう古いやり方で、今では全く効果がなくなったどころか、ペナルティ(検索順位を大幅に下げられる)対象にもなる往年のやり方です。

非表示の隠れテキストを大量に詰め込み、あたかも特定キーワードについてめちゃくちゃ詳しいサイトであるかのように見せかけることで検索順位をあげる方法です。

 

そんな馬鹿げたやり方で、googleの検索エンジンを騙せた時代があったのです。

こういった、サイトの記事の質そのもの以外のところで検索上位を目指すのが、ブラックハット的SEO対策です。

ホワイトハットSEO

反対に、記事の質そのもので勝負するのがホワイトハットと呼ばれるSEOの手法です。

いわば「正攻法のSEO」、と言えるやり方で、「記事の内容」の質を高めていけば、自然とSEOも順位が上がっていく、という形です。

 

いまだにブラックハット的手法は消滅したわけではありません。

しかし、googleも年々賢くなってきており、よりホワイトハット的な、コンテンツの質そのものをSEOの判断材料として重視する傾向になってきました。

 

シンプルに、とにかく読者にとって質の高い記事を積み上げていけば、SEOに強いサイトになるってことなんですね。

トノ君
ブラックハット的手法は今は効果ないってことか?
タコ博士
いや、完全に消滅したわけではない。だけど、ホワイトハット的手法だけで順位をあげることは十分に可能だよ。

ドメインパワー

あわせて読みたい

ドメインパワーってなんなのよ。簡単にいうと、ブログの「レベル」のことです。 レベル上げのやり方をシェアします。 ドメインパワーとは アフィリエイトサイトを運営する上で、絶対に知っておきたい言葉が「ドメインパワー」です。 […]

地道なSEO対策を積み上げていくと、ドメインパワーというものがサイトに蓄積されていきます。

ドメインは、ホームページのURLの事ですね。インターネット上の住所みたいなものです。

このサイトであれば、takotono.comがドメインです。

ドメインパワーは、googleからのドメインの評価、みたいなものです。

 

このサイトは有益なコンテンツを提供しているぞ、とgoogleから判断されると、ドメインの評価が上がり、ドメインパワーがUPします。

ドメインパワーが強いWebサイトは、検索上位表示されやすくなります。

 

いわゆるビッグキーワードでの検索上位も表示可能となってくるので、グッとアクセスを稼ぐことができるのです。

(ビッグキーワードってなに?と思いましたよね。次章で解説します。)

 

ドメインパワーをもりもりつけていけば、SEO対策としては万全です。

・記事数が多い方がドメイン評価される傾向がある

・より長い時間、じっくり閲覧される有益なコンテンツが揃っている

・ドメインの運営期間が長い

・SNSなどでの記事のファボ数が多い

・新規のユーザーのアクセスを多く取れている

などなど、様々な要素でドメインパワーはついていきます。

トノ君
最初からドメインパワーがモリモリの状態でブログを始めることは出来ないのか?
タコ博士

いわゆる「中古ドメイン」を使うことで、出来なくはないよ。

ただし希望するドメインが必ずあるとは限らないし、初心者にはおすすめ出来ない手法だよ。

スモールキーワード、ミドルキーワード、ビッグキーワード

さて、先ほど「ビッグキーワード」という言葉が出てきました。

これを解説していきます。

トノ君
でかいキーワード?
タコ博士
検索需要が多いキーワードのことだね!

 

Googleで何かを検索する時、検索窓にキーワードを入力しますよね。

ビッグキーワードは、検索需要の多い、激戦区のキーワードのことを言います。

例)クレジットカード関連のWebサイト

例えば、あなたがクレジットカード関連のWebサイトを運営しているとします。

「アメックスカード」とか、「楽天カード」といったキーワードが、ビッグキーワードとなります。

 

当然、それらのビッグキーワードで検索上位を狙うのは、至難の技です。

 

ゴリゴリに超有益記事を書きまくって、強大なドメインパワーを積み重ねたラスボスみたいなライバルサイトがすでに上位でひしめき合っているからです。

真っ向からビッグワードでSEO勝負しても、まず勝ち目はありません。

 

じゃあSEO対策は無理ゲーなのか。というとそうでもないのです。

トノ君
ヨシ、「楽天カード」で一位を目指すぞ!
タコ博士
無謀だからやめといたほうがいいよ…

キーワードの組み立て

あわせて読みたい

アフィリエイトビジネスをやるにあたり、非常に大事な要素である、「キーワード」。 アフィリエイト初心者に向けて、キーワードの基礎知識をまとめました。 キーワードとは アフィリエイトにおけるキーワードとは、Google[…]

そこで、ミドルキーワード、スモールキーワードと呼ばれる、キーワードの組み合わせで検索上位を狙っていきます。

ビッグワードとの明確な区別はありませんが、例えば、以下のような感じです。

ビッグキーワード アメックスカード 楽天カード
ミドルキーワード アメックスカード 年会費 楽天カード 審査
スモールキーワード アメックスカード 年会費 高い 楽天カード 審査 落ちた

「アメックスカード 年会費 高い」とか、「楽天カード 審査 落ちた」とかそんな具合です。

 

ある程度検索需要が見込めて、アクセス数を取れつつも、ライバルがまだ攻め込んでいないキーワードの組み合わせで勝負していくのです。

(例にあげた組み合わせだと、まだまだ競合が強い感はありますが…そのあたりのさじ加減は、やり込んでくると少しづつイメージ出来るようになってきます。)

 

ミドルキーワードがまあまあ検索需要のある組み合わせ、スモールキーワードが検索需要が少ない組み合わせだと思って良いでしょう。

※誤解のないように説明しておくと、ミドル〜スモールキーワードは必ずしも組み合わせ、である必要はありません。

要は、検索需要がどのぐらいあるキーワードなのか、を表す言葉なので、単体のキーワードでも検索需要の少ないキーワードはミドル〜スモールキーワードです。

 

ミドルキーワード、スモールキーワードの探し方は、実際に、そのキーワードで検索してみて、検索結果上位に強いヤツが居ないかどうかあらかじめ確認するのがコツです。

ニッチな組み合わせならば、そこまでドメイン力が育っていなくても、比較的簡単に検索上位を取ることが出来るのです。

 

そして、そんな感じでミドルワードを攻めまくっていると、そのうちドメインパワーがついてきて、自分でも予期しない思わぬビッグキーワードで上位表示が出来たりしてくるのです。

トノ君
自分なりのキーワードの組み合わせを考える、ってことか!
タコ博士
その通り。ライバルの少ないキーワードの組み合わせを考えて、ニッチなところを狙うのがおすすめだよ。
あわせて読みたい

アフィリエイトのビッグ、ミドル、スモールキーワード ビッグキーワード、ミドルキーワード、スモールキーワード。 アフィリエイトサイトを運営するにあたって、必ず知っておきたい用語です。 トノ君 ビッグキーワード??文字の[…]

ビッグキーワードの上位表示は完全にはコントロール仕切れない

ただし、いくらドメインパワーがついてきて、無双状態になったとしても、ビッグキーワードでの上位表示が全て思った通りに行くとは限りません。

先述したように、あまり狙っていなかったビッグワードで突然上位表示されたり、逆に狙いまくったワードではうまく行かなかったり

 

googleという神の見えざる手によってコロコロと弄ばれているので、完全にはコントロール仕切れないのが実情です。

しかし長く運営して、着実にドメイン力を積み重ねていけば、気がついたら上位表示されまくるパワフルなブログに育っていることでしょう。

SEO対策は長期戦。

個人的に、趣味系のブログでドメインパワーを実感し始めた時期は、運営1年ほど、300記事ほどを積み上げた頃でした。

その頃から収益もグングン上がって、これは面白いことになってきたぞ、と。

 

あわせて読みたい

アフィリエイトの最大のデメリットは、実際に収益が発生するまで期間がかかるということです。 では、実際にどのぐらいの期間が必要なのでしょうか。 私の実体験から、まとまったお金が発生するまでにかかった期間をシェアします。 […]

よくブログは稼げるまでに時間がかかると言いますが、それは間違いありません。

どうしても初期ドメインはパワーが少なく、googleからのお墨付きをもらうまでに時間がかかるのです。

 

SEO対策は、ドメイン力に頼るところがかなり大きいので、かなりの長期戦となります。

トノ君
1ヶ月ぐらいでドメインパワーがつく方法教えてくれよ。
タコ博士
そんなに甘くないよ。基本的には、質の良い記事を積み重ねるしかないんだ。

実際に検索してみる

実際に、狙ったミドルキーワードなり、スモールキーワードなりで検索してみることが非常に大切です。

順位が低い場合、自分のサイトより上位に表示されているライバルサイトの記事を研究しましょう。

トノ君
実際に検索してみたら5位だったぞ!
タコ博士

おお。なかなかドメイン力がついてきたと思うよ!

上位に表示されているライバル記事をチェックしてより上位を目指そう。

リライトでより上位を狙う

あわせて読みたい

ブログやアフィリエイトを運営する上で、避けては通れない作業が、記事のリライトです。 リライトする時に気をつけるべき事をまとめました。 記事リライトの目的 まず、そもそもブロガーやアフィリエイターがなぜ記事をリライトしなくち[…]

自分より上位サイトの良いところを吸収し、記事をリライトしましょう。

もちろん、ただ闇雲にリライトするわけでは勝てません。

 

狙いのキーワードで検索したユーザーにとって有益な記事とは何か、を今一度じっくり考えて追記します。

・自分のサイトにない要素を追記する

・自分しか語れない内容を盛り込む

・必要に応じて、記事タイトルやパーマリンクの設定も変える

・検索から読んでくれたユーザーにとって、有益な情報とは何か、考えてリライトする

なんどもリライトして、上位のサイトよりも有益な記事となれば、自然と検索順位が上がるはずです。

トノ君
ブログ運営って地道な作業の積み重ねなんだな…
タコ博士
やっと理解してくれたかい。簡単に短期間で収益を爆上げできるほど、ブログは甘くないんだ。

まとめ

以上、SEO対策についてでした。

takotonoを最後までお読みいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!

LATEST新着記事