SEO基礎

「ユーザー体験(UX)」がSEOにとって大切。…噛み砕いて解説するよ。

SEO対策でもっとも大事にすべきは、検索ユーザーにとっていかに有益なコンテンツであるか。ということです。

しかし、「ユーザー体験(UX)」と呼ばれる、ちょっと分かりにくい指標も大切なようです。

SEOにおける「ユーザー体験(UX)」とは

SEO(検索エンジン最適化)において、最近注目されている要素としてユーザー体験」(User Experience:UX)があります。

なんのこっちゃ…という感じですよね。

噛み砕いて説明してみたいと思います。

トノ君
ゆ、ゆーえっくす…?俺でも理解できるか?
タコ博士
そんなに難しい概念じゃないから大丈夫だよ!

ユーザーの感想

一言で言い表すとすれば、要するに「サイトを見てくれたユーザーの感想」のことです。

きちんと作り込まれたWebサイトに対して、ユーザーは

使いやすい!

分かりやすい!

デザインが綺麗!

欲しい情報にたどり着けた!

とか思うわけですよね。

これらは全て肯定的な感想で、つまりは「ユーザー体験が良いサイト」という事です。

ユーザー体験の良いサイト

ではなぜ、「ユーザー体験が良い。」と感じたのでしょうか。

具体的には、

綺麗なサイトである。

  • サイトのデザイン(色やイラスト、画像)が綺麗
  • 行間や文字間が適切で、文字フォントが美しい
  • 重要な記述が目立っている(太線、下線など)

分かりやすい。

  • 文章が小学生でも理解できるぐらい分かりやすい
  • 読み手の目線で記事の内容が書かれている
  • 検索した内容に対して、答えが書かれている

使いやすい。

  • 導線整理がしっかりと出来ている
  • 3クリック以内で全てのコンテンツにアクセス出来る
  • サイトの表示スピードが速い

いずれも、検索ユーザーが求める要素ですよね。

それらが作り込んであるサイトは、UXが向上し、SEO順位が高まるのではないか。と言われています。

トノ君
サイトデザインが綺麗だとついつい見ちゃうな。
タコ博士
そのサイトは、「ユーザー体験が良いサイト」ってことになるね。

デザインや文章の総合的な分かりやすさ

まとめると、Webサイトのデザインや文章の総合的な分かりやすさ、それによってもたらされるユーザーの満足度の指標という感じですね。

トノ君
俺らの会話も、UXを高める上で大事ということだな。
タコ博士
たまには良いこと言うね。

分かりやすいサイトを評価する

ユーザーのことをしっかりと考えて構築された、見やすくて分かりやすいサイトが、UXに優れたサイトです。

そういうWebサイトを評価して、Googleは検索順位を決定しているのではないか、と言われています。

ただし、諸説あり。

ただし、このUXがSEO(サーチエンジン最適化)に効くかどうか、というのは、諸説あります。

SEOの権威ある学者さんや第1線を走る超有益サイトの意見は、割れています。

 

個人的には、コンテンツそのものの質と合わせて、大切にしたい指標です。

やっぱり見やすいサイトは、ユーザーを惹きつけてくれるでしょうし、信頼性も上がって、売り上げもUPすると思います。

トノ君
確かに、上位に表示されたサイトは綺麗なサイトばかりだな!
タコ博士
そうだね!自分のサイトが「ユーザー体験」に優れているか、常に意識しながらサイトを構築していこう。

まとめ

以上、SEOにおける「ユーザー体験」についてでした。

takotonoを最後までお読みいただきありがとうございました。

あわせて読みたい

月間40万PVを誇る趣味系Webサイトを運営しています 筆者は当サイトとは別に、月間40万PVを誇る趣味系Webサイトを4年運用してきました。   そのサイトで毎日狂ったようにWebサイトのアクセス解析を実施[…]

最新情報をチェックしよう!

LATEST新着記事