収益化テクニック

ホワイトハットSEOとは。正攻法で攻めるSEO対策のやり方。

ホワイトハットSEOとは

ホワイトハットSEOとは、何も悪いことをしない「良い子のSEO対策」で、正攻法のSEO対策です。

しっかりと有益な記事コンテンツを作り込んでいくことによって、SEOに強いサイトを育てていく手法のことです。

詳しく説明していきましょう。

 

あわせて読みたい

月間40万PVを誇る趣味系Webサイトを運営しています 筆者は当サイトとは別に、月間40万PVを誇る趣味系Webサイトを4年運用してきました。   そのサイトで毎日狂ったようにWebサイトのアクセス解析を実施[…]

トノ君
SEOってのは、検索結果の上位に自分の記事を表示させるための対策のことだったよな。
タコ博士
その通り。SEO対策には、ホワイトハットとブラックハットと呼ばれる2種類の手法があるんだ。

 

Googleの理念

Googleは、「良いWebサイトとは」「どんなWebサイトを上位表示するのか」というガイドラインを発表しており、最近は「ユーザーファースト」という考え方が主流になっています。

 

何よりも、検索ユーザーに答えを提供している「質の高い記事」があるWebサイトを上位表示したい、ということです。

つまり、有益な記事をしっかりと作り込んでいくことが、自然とSEO対策になるわけです。

 

それに素直に従って、Webサイトを育てていくやり方が、ホワイトハットSEOです。

ブラックハット

ホワイトハットをさらに深く理解するために、ブラックハット的手法についても知る必要があると思います。

 

ブラックハットとは、Googleを騙すようなやり方で、サイトの評価を上げて、SEOに強いサイトを育てていく手法です。

特に有名な手法としては、※自演リンクと呼ばれる手法があります。

※自演リンク•••自分で中古ドメインを複数購入して、いわゆる「サテライトサイト」を複数立ち上げ、検索順位を上げたい本番サイトへ被リンクをつけます。

本番サイトが、他の多くのWebサイトでURLを紹介してもらっているかのように装うということですね。

最近ではGoogleがかなり賢くなってきており、ブラックハット的手法を使ったサイトは、ペナルティの対象になったりします。

それでもまだ完全に効力を失っていない手法が残っているのも事実です。

トノ君
ペナルティってなんだ?サッカーか?
タコ博士
googleが、特定のブログやWebサイトを検索エンジンの検索結果に表示しないようにすることだよ。

ホワイトハット的SEO対策のやり方

というわけで、実際にホワイトハット的手法でSEO対策を実施していく手順をご紹介いたします。

とにかく「有益な記事」を闇雲に量産すれば良いというわけではなく、ある程度計画的にWebサイトのSEO対策を進めていく方が効率が良いです。

その手法をご紹介していきます。

トノ君
ホワイトハットの具体的なやり方を教えてくれ。
タコ博士
今からご紹介するよ!

収益化記事と集客用記事を分ける

収益化記事だけを書いてもダメ

”あわせて読みたい”

ブログやサイトアフィリエイトにおいて、ただ書きたい記事を書くだけでは、なかなか儲かるサイトに成長しません。 そこで収益に繋がる「収益化記事」を書いていく必要があります。 収益化記事とは ブログ・サイトアフィリエイトにおける[…]

アフィリエイトでやりがちな間違いとして、とにかく収益化するための記事だけを書いてしまう、ということが挙げられます。

 

例えば、ウォーターサーバーを扱うアフィリエイトサイトを立ち上げて、「ウォーターサーバー おすすめ5選!」みたいな記事ばかりを書いてしまう。

 

しかし、実際に「ウォーターサーバー おすすめ」というキーワードで検索してみると、上位には強大なライバルがひしめき合っているため、アクセスは一向に集まりません。

サイトのドメインパワーが育っていないと、この収益化を狙った記事が上位表示されることはなく、一向に売り上げが発生しません。

トノ君
記事のタイトルに「ウォーターサーバー」「おすすめ」ってキーワード入れたのに、なんで表示されないんだ?
タコ博士
ブログを始めた頃は、サイト(ドメイン)に力がないから、検索需要が多いキーワードでは簡単には上位表示されないんだ。

集客用記事で効率よく集客し、ドメインパワーをUPさせよう

”あわせて読みたい”

集客用記事とは アフィリエイトサイトには、「収益化記事」と「集客用記事」の2種類があります。   「集客用記事」とは、細かい検索キーワードを拾って記事を書き、サイトに読者を集めるための記事になります。 比較的上[…]

そこで、まずは集客用の記事を書いていく必要があります。

集客用記事とは、少しニッチで検索需要の少ないキーワード(ミドルキーワードやスモールキーワードと呼びます)をテーマにした記事のことですね。

 

ニッチなキーワードであれば、強いライバルが少ないため、検索上位表示されやすいのです。

集客用記事をいくつか用意し、まずは少人数で良いので、記事を読んでもらうことから始めます。

 

例えば、「◯◯社 ウォーターサーバー ボトル交換方法」みたいな感じです。

じっくり読まれるような有益な記事であれば、Googleに専門性の高いWebサイトであると認識してもらえて、サイトに対する評価がぐんぐん高まります。

 

あわせて読みたい

アフィリエイトのビッグ、ミドル、スモールキーワード ビッグキーワード、ミドルキーワード、スモールキーワード。 アフィリエイトサイトを運営するにあたって、必ず知っておきたい用語です。 トノ君 ビッグキーワード??文字の[…]

先述したような、「ウォーターサーバー おすすめ」のような検索需要の多いビッグキーワードをいきなり攻めても、効率が悪いのです。

トノ君
読んでもらうためのニッチな記事が必要なんだな!
タコ博士
そうだね。ライバルの少ないところで集客することで、効率よくアクセスを集めることが出来るよ。

計画的に読者を囲い込もう

ホワイトハットでは、このようにして、計画的に読者を囲い込む必要があります。

 

そうして読者を集めていくと、気がつくとドメインに力が付いてきて、ビッグキーワードでも上位表示されるようになってきます。

すると、今度は収益化記事を書いた際にも、多くのユーザーを集客できるようになっているので、アフィリエイトの収益も伸びていく、という訳です。

 

ゴリゴリにSEOパワーが付いた状態のWebサイトは、ビッグワードでも検索上位を獲得できるようになるため、無双モードになった気分でめちゃくちゃ気持ちいいですよ。

ホワイトハットのみで、月間40万PVを達成

個人的には、時間的余裕がある場合には、SEO対策はホワイトハットのみで十分であると感じています。

私の別サイトは、ホワイトハットのみで月間40万PVを達成することが出来たからです。

 

また、ペナルティを受けてしまうリスクもないので、安全です。

 

ただし、サイトを立ち上げて、ざっくりと3ヶ月から半年ぐらいは、サイト評価が低く、なかなかアクセスが集まりにくいのも事実です。

どうしても時間を節約したい場合には、ブラックハット手法も検討するべきですが、極力ホワイトハットで構築するのがおすすめです。

トノ君
ホワイトハット最高だな!
タコ博士
ただし、ライバルサイトがブラックハット的手法でせめてくる可能性がある、というのは覚えておいて欲しいな。

まとめ

  • SEO対策には、ホワイトハット的手法と、ブラックハット的手法の2種類がある
  • ホワイトハット的手法は、記事の質を高めていくことで検索上位表示を実現する方法である
  • 集客用記事を上手に利用して、計画的にサイトのドメインパワーを上げる
  • ホワイトハット的手法のみで、検索上位表示は可能である

以上、ホワイトハットSEOについてでした。

takotonoを最後までお読みいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!

LATEST新着記事