レンタルサーバー

1つのレンタルサーバー内で複数のwordpressブログをやりたい場合の対処方法。

1つのレンタルサーバー内で、複数のWordpressブログを運営したい場合、対応したレンタルサーバーを選ぶ必要があります。

長いことブログ運営していると、「違うジャンルでブログを始めてみたい」「もう一度始めからブログを作りたい」といった要望が生まれてきます。

ですので、初めから複数サイト運営に対応したレンタルサーバーを選ぶべきです。

結論から言うと、Wordpressブログを複数作るのにオススメはXServer(エックスサーバー)

難しい操作なしに、簡単に複数ブログを立ち上げることが可能です。記事内でその理由を解説していきます。

エックスサーバー公式ページへ

複数サイト運営のやり方

  1. 新しくドメインを取得してマルチドメイン化する(有料)
  2. サブドメインで運用する(無料)
  3. サブディレクトリで運用する(無料)

エックスサーバーは、追加ドメイン数や作成できるデータベース数が無制限なので、1つサーバーアカウントがあればWordPressブログをいくらでも作ることができます!

①マルチドメイン

  • サイト1…https://sun.com
  • サイト2…https://moon.com
  • サイト3…https://jupiter.com

マルチドメインは、新しいドメインを取得して複数サイトを運営します。同じサーバー内ですが、見かけ上は全く別のウェブサイトであるように振る舞います。

エックスサーバーの管理画面で、管理や設定をそれぞれ完全に切り分けられるのでわかりやすくなります。

②サブドメイン

  • サイト1…楽天市場:https://www.rakuten.co.jp/
  • サイト2…楽天トラベル:https://travel.rakuten.co.jp/
  • サイト3…楽天TV:https://tv.rakuten.co.jp/
  • サイト4…楽天ブックス:https://books.rakuten.co.jp/

サブドメインは、ドメインの前に文字列を追加して複数サイトに分ける方法で、ひとつのドメインを用途別に区別したい時に用いられます。検索エンジンからは別サイトとみなされます。

新たにドメインを購入する必要がないため、コストがかからないのがメリット。さらに、同一ドメイン上で複数のサービスを展開しているという一貫性を演出することができます。

しかし、個人ブログなどではよほどの理由がない限り、ブログのカテゴリーで分けた方が良いと思います。その方が管理が楽で、労力が分散せずに済みます。

③サブディレクトリ

  • サイト1…価格.com : https://hoken.kakaku.com/
  • サイト2…価格.com 家電製品: https://kakaku.com/kaden/
  • サイト4…価格.com PC製品: https://kakaku.com/pc/

最後はサブディレクトリにWordPressをインストールして運用する方法です。

「example.com」というドメインでブログを運営している場合、「example.com/blog2」というディレクトリ(フォルダ)を作成して、ブログを開設します。

既存ドメインとブログテーマが同じか似ている場合に多く使われます。検索エンジンが、メインドメインと同じドメインと判断するため、良い影響も悪い影響も受けます

こちらも追加料金なしで運営できますが、管理が煩雑になるためカテゴリーでの運用をオススメします。

エックスサーバーでWordpressブログを複数作る

ここでは、おすすめのやり方である、「①マルチドメイン」を利用した複数サイト運営を解説していきます。

  1. 独自ドメインを取得し、ネームサーバーをエックスサーバーに設定する(関連付け)
  2. ①の独自ドメインをエックスサーバーに設定する
  3. 設定した独自ドメインにWordPressをインストールする

通常のWordPress構築の作業(①〜③)を繰り返して、増やしていきます。最初にWordpress設定をしているはずなので、それ以上の知識は不要です。

レンタルサーバーで複数Webサイト運営まとめ

XServer(エックスサーバー)は、WordPressブログを複数作っても耐える機能やスペックです。このサイトもエックスサーバーのマルチドメイン機能で作られています。

アクセスが集中したときの表示も速く、安定しており、初めての1台に間違いないレンタルサーバーです。

エックスサーバー公式ページへ

最新情報をチェックしよう!

LATEST新着記事