アフィリエイトサイトを立ち上げよう

[完全解説]XサーバーでWordPressサイトを作る方法

エックスサーバーでサイトを作る方法をまとめました。

この記事にしたがって設定するだけで、エックスサーバーでWordpressサイトを構築することができます。

エックスサーバーがもっともおすすめ

私は、メディア運営のために、XServer(エックスサーバー)さくらサーバーmixhostと3社からサーバーを借りています。

中でも、もっとも安定している印象なのが、エックスサーバーです。

 

たくさんのアクセスが集中しても耐えれて、表示速度も速いのが特徴。

非常に安定したサーバー環境を、月額たったの1000円というローコストで提供してくれます。

トノ君
月額1,000円か。地味に痛いな。
タコ博士
ブログアフィリエイトで収益を発生させることができれば、すぐに回収できるから安心して。

エックスサーバーに申し込む

公式HPへアクセス

 

まずはXServer(エックスサーバー)の公式HPへアクセスします。

画面右側の、お申し込みボタンをクリックします。

 

未登録の場合、左側の「10日間無料お試し 新規お申込み」をクリックします。

サーバーIDとプラン

サーバーIDは、自分が覚えやすい文字列ならばなんでも良いでしょう。これはサイト名とは別なので、適当で構いません。

ただしすでに誰かが借りているIDは借りれませんので、入力すると申込み可能かどうか教えてくれます。

 

プランは、X10です。サーバーの処理能力は一緒なので、ベーシックなX10で問題ありません。

もし必要であれば後からグレードアップすることも可能です。

会員情報を入力

会員情報をサクッと入力し、確認画面に進みましょう。

メールアドレスは、gmailやyahooメールなどのフリーアドレスでもなんでもOKです。

ただし、ちゃんと受け取れるアドレスを入力しましょう。

仮登録完了!

確認画面で、入力間違いがないかチェックします。

間違いがなければ、SMS・電話認証へ進むをクリックします。

SMS認証

先ほど入力した電話番号で、本人確認の認証を行います。

左の、「テキストメッセージで取得(SMS)」を選択すると、スマホに、本人確認のためのショートメッセージが届きます。

スマホに届いた5桁の暗証番号を、認証コード入力欄に入力し、申し込み完了ボタンをクリックします。

仮登録完了!

以上で、仮登録は完了です。

インフォパネルにログインする

次は、エックスサーバーの管理画面である、「インフォパネル」にログインします。

登録したメールアドレスに、ログインIDとパスワードが記載されたメールが届いているので、そのID・パスワードでログインししてください。

料金の支払いを済ませる

ログインすると、左下の「決済関連」の欄に、料金のお支払い/請求書発行がありますので、そこで料金の支払いを済ませてしまいましょう。

一応、最初の10日間は試用期間なので、無料です。

でも、うっかり申込みを忘れてしまうと、また1からやり直しなので、最初に支払っておく方が無難です。

料金のお支払い画面

料金のお支払い画面のサーバー一覧に、料金を支払う対象のサーバーIDが表示されています。

更新期間を選択し、「お支払い方法を選択する」をクリックします。

更新期間は、あまり短いと何度も支払いをするのが面倒なので、1年にするのがおすすめです。

カード払いがおすすめ

次に、お支払い方法の選択です。

銀行振込や、コンビニ支払いも可能ですが、面倒なので、クレジットカード払いが良いでしょう。

クレジットカードの「自動更新設定を行う」にチェックをしておけば、更新時の払い忘れでサーバー停止してしまうことを防げます。

忘れないだろう、と思うのですが、案外忘れます

 

余談ですが私はカードの有効期限切れで更新できず、サーバーが止まってしまったことがありました。

あの時は本当に冷や汗モノでしたね…(急いで手動で払い込めばすぐに復活してくれます)

 

エックスドメインに申し込む

さて、ここまでで、無事にサーバーを借りることが出来ました。

あとは、ドメインが必要になります。

エックスサーバーが運営している、エックスドメインでドメインを借りることにします。その手順をご紹介していきたいと思います。

公式HPへアクセス

まずはエックスドメインの公式HPへアクセスしましょう。

右側の「取得希望のドメイン名を検索」欄に、ドメイン名を入力し、検索ボタンを押しましょう。

空きドメイン検索

「空きドメイン検索」をしてくれて、ドメインが取得可能かどうか、教えてくれます。

料金や、お好きなドメイン末尾を条件に、取得したいドメインにチェックを入れて、「取得手続きに進む」をクリックします。

ログイン&会員登録

 

ログイン画面が表示されます。

すでに、XServer(エックスサーバー)で会員IDを作っている場合、同じID、パスワードでログインすることができます。

サーバーとドメインを同じにしておけば、こういった面でも非常にラクです。

お支払い情報の入力

続いて、お支払い情報の入力です。サーバーの時と同じく、カード払いがラクなのでおすすめです。

カード番号、有効期限、セキュリティコードを入力し、お申し込み内容の確認ボタンを押します。

お申し込み内容確認

 

ふう、あと一息です。お申し込み内容確認画面が表示されますので、入力内容に間違いがないことを確認します。

また、個人情報に関する公表事項のチェックボックスにチェックをして、申し込みボタンを押します。

これで、ドメインの契約が完了しました。

Xサーバーの管理画面でネームサーバーの設定

ドメインのネームサーバー設定

続いて、取得したドメインの、ネームサーバーの設定というものを実施していきます。

ドメインを、Xサーバーで使えるようにする設定です。

Xサーバーのインフォパネルにログイン

XServer(エックスサーバー)のインフォパネルにログインします。

エックスドメインで取得したドメインが、「ご契約一覧」の「ドメイン」欄に表示されていると思うので、「ドメインパネル」ボタンをクリックします。

ドメイン情報>【 ネームサーバー情報 】>設定変更クリック

ドメイン情報>【ネームサーバー情報】>設定変更をクリックします。

XSERVERで利用するにチェック

 

XSERVERで利用する、にチェックを入れて、ネームサーバーの変更(確認)ボタンを押します。

確認画面

 

確認画面が表示されるので、ネームサーバーの変更(確定)ボタンを押します。

これで、XServer(エックスサーバー)でドメインを使うためのネームサーバーの設定が完了しました。

エックスサーバーに独自ドメインを登録する

さらに、エックスサーバー独自ドメインを登録することで、取得したドメインを使えるようになります。

その設定もやってしまいましょう!

まずはXサーバーのサーバーパネルにログインします。

サーバーパネルのログインIDとパスワードは、「サーバーアカウント設定完了のお知らせ 」という自動配信メールに記載されています。

ドメイン設定

サーバーパネル右側の、ドメイン設定をクリックします。

取得したドメインを入力

先ほどXドメインで取得したドメインを、ドメイン名の欄に入力し、確認画面へ進む、をクリックしましょう。

確認画面

ネームサーバーの設定が正しく行われていれば、何もエラーが表示されずに、上のような確認画面が表示されるはずです。

追加するボタンを押せば、ドメインの設定は完了となります。

ワードプレスのインストール

最後に、ワードプレスのインストールを実施しましょう。

サーバーインフォパネルの一番下に、WordPressのメニューがあります。

そこから、WordPress簡単インストールをクリックしましょう。

ドメインを選択

Xドメインで取得し、Xサーバーに登録したドメインが表示されているはずなので、「選択する」をクリックします。

必要情報を入力

WordPressをインストールする際に必要な情報を入力します。

  • サイトURLは空欄で構いません。
  • ブログ名はWordPressの設定画面で、後から変更可能です。
  • ユーザIDとパスワードは、WordPressにログインするためのものなので、メモしておきましょう。
  • メールアドレスはとりあえずエックスサーバーを登録した際のアドレスで構いません。

確認画面へ進む

その後の確認画面で、「index.html」が削除されます。ご注意ください。というエラーメッセージが表示されますが、これは無視して大丈夫です。

構わずインストールしましょう。

WordPressにログインする

この後、ドメイン名/wp-admin/というURLをインターネットブラウザのURL欄に入力すると、WordPressのログイン画面に入ることができます。

ただし、WordPressのログイン画面が表示されるまでに、ネームサーバーの設定やワードプレスのインストールから、半日〜一日ほど設定時間がかかるかもしれないので、それだけ注意が必要です。

終わりに

トノ君
設定は色々あったけど、そんなに難しくはなかったぞ。
タコ博士
そう言ってくれると、解説した甲斐があったよ!

ここまで設定お疲れ様でした。

これで、エックスサーバーとエックスドメインを使って、あなたのWebサイトが出来上がりました。

あとは、時折やってくる、サーバーとドメインの契約更新の時期を気にしていればOKです。

といっても基本的には自動更新なのですが、クレジットカードの期限切れの際はちゃんと新しいカード情報を入力しないといけませんので、注意が必要です。

ここから、あとはサイトを作り込んでいく作業に注力していってください。

まとめ

以上、エックスサーバーでのWordpressサイトの作り方でした。

takotonoを最後までお読みいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!

LATEST新着記事